キャッシング編 キャッシングより怖い、リボ払いの罠

クレジットカードを使って、気軽にできるリボ払い。しかし、その本性はキャッシングよりも怖いのだ。
[by 蒼司]

リボ払いとは

さてさて、リボ払いといえば、クレジットカードでのショッピングで気軽に使える支払い方法のひとつ。分割払いと同じような感覚で使えちゃうのが味噌の、わりとスタンダードな支払い方なのは、ご存知のとおりです。

けれど、意外とリボ払いの仕組みについて正確に理解している人って少ないんじゃないでしょうか。

リボ払いというのは、リボ枠の限度額の中であれば、いくら使っても毎月一定の支払額だけで済むという支払い方です。たとえば、30万円のリボ枠で支払額が5000円のクレジットカードを持っていたとして、30万円までの買物であれば毎月5000円の支払いが発生するだけ。30万円使っても支払いが5000円でいい!とパッと聞いただけだと、すばらしくお得な支払い方のように見えます。

では、リボ払いの怖いところはいったいどこなのでしょうか。

リボ払いの怖いところ

さて、よく考えてみてください。30万円の買い物をして、月々5000円の支払いをしていく。それがリボ払いです。当然、金利もあります。リボ払いの金利は、クレジットカード会社にもよりますが、だいたい18%くらいです。

これは、キャッシングの通常の金利と同じです。むしろ、銀行系のキャッシングと比べると高いです。なんせ消費者金融系のキャッシングと同じ金利なのですから。

つまりこれって、30万円の借入をして、月々5000円ずつ返していく消費者金融系のキャッシングと同じことなんです。

それが実際に現金を借りるのではなく、ショッピングで使うというシチュエーションと、クレジットカードで利用できるという点が、ものすごく敷居を下げているんです。リボ払いを誰もキャッシングだなんて思わないでしょう。

つまり、リボ払いとは、気軽に使えてしまうキャッシングなのです。借りているという意識がないから、どんどん使ってしまう。1万円のショッピングに使っても、30万円まで使っても、月々の支払いは5000円のまま変わらないので、30万円まで使ってしまうのは一瞬です。そういう人間の心理が働いてしまうのです。

リボ地獄の末路とは

リボ払いは、だいたいのクレジットカードに枠がついています。50万円が限度額のクレジットカードなら、30万円くらいがリボ枠として使えちゃったりします。

なので、キャッシングとは縁のない人にもすごく身近に存在してしまっているんです。

マルイのエポスカードなんか持っている人とかは要注意です。エポスカードは社会人であれば50万円くらいの限度額のうち、すべてがリボ枠として使えちゃったりするので、気づいたら50万円の借金をしているのと同じ状態になったりします。

クレジットカードはいくつか持っている人であれば、ただショッピングに使用していただけなのに、いつの間にか300万円の借金を背負ったのと同じ状態になっていた、なんて洒落になりません。

ちなみに私は、クレジットカードを5枚くらい持っていて、リボ枠をフル活用していたので、リボだけで200万円くらい使って、大変な状態になりましたw

みなさんも、リボ払いはキャッシングと同じだということをしっかりと肝に応じておいてください。