キャッシング編 ブラックリストの正体

借金に関する言葉で有名なブラックリスト。どうなったらブラックリストに載るのか。そもそもブラックリストとはなんなのか。
[by 蒼司]

ブラックリストってそもそも何なのか

借金しすぎてブラックリストに載っちまったぜ。そんなフレーズ、一度は聞いたことあると思います。なんかよくわからないけど、ブラックリストに載るとヤバイ、もうキャッシングはもちろん、ローンも組めないし、銀行口座も持てないんじゃないか、そんなイメージを持つ方もいるんじゃないでしょうか。

まず最初に言っておくと、そもそもブラックリストというもの自体は存在しません。

じゃあ、ブラックリストと呼ばれるものは一体何なのか。

その正体は、信用機関にあります。

#信用機関とは?

信用機関とは、個人の過去の借り入れや返済の記録を保持している機関です。日本には確か大きなところで3つくらいあったはずです。

それぞれ加盟しているキャッシングやクレジット会社がいて、信用機関は加盟している会社での借り入れ・返済記録を持ちます。

新たにキャッシングを申し込んだ際の審査では、この信用機関から情報を得て、各キャッシング会社が審査を行います。もちろんキャッシングだけではなく、クレジットカードやローン契約時にも、この信用機関の情報(信用情報と呼ばれます)は参考にされるんです。

信用情報に記された「事故」という情報こそがブラックリストの正体

信用情報の返済記録には、ちゃんと期限通りに返済したか、期限に遅れたのか、といったステータスが、返済ごとに記載されています。

その中に「事故」というステータスがあります。これは、返済期限に大きく遅れた場合に記載されるステータスです。どのくらい遅れたら事故になるのかは、キャッシング会社によって基準が異なりますが、だいたい3ヶ月くらいがひとつの指標になります。

この「事故」というステータスが一度でも記されると、どのキャッシングもクレジットカードもローンも、審査に落ちると考えていいです。そして、この状態こそが、ブラックリストに載ったという状態なのです。

#事故を消す方法

できるだけ信用情報には「事故」が記されないように、返済は遅れないように、仮に遅れてしまう場合はしっかりと連絡を取り続けることが大切です。

しかし万が一、「事故」が記されてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

実はこの「事故」の状態は一生続くわけではありません。信用情報は過去2年間分しか記載されません。しかし、ただ2年経てば「事故」ステータスが消え去るわけではありません。この過去2年分というのは、何かしらの返済が行われるごとに押し出されていきます。つまり、何も返済していなければ、ずっと期間は変わらないんです。

なので、「事故」が記載されてから2年間毎月返済し続けることが必要なのです。