キャッシング編 総量規制について

キャッシングの審査が通るか通らないかにめちゃくちゃ関わってくる総量規制。その実情を解説!
[by 蒼司]

そもそも総量規制ってなに?

キャッシングにおける総量規制とは、過剰な貸付ができないように貸付の金額を制限する法律みたいなもんで、2010年の6月18日から適用されています。その内容は、年収の1/3以上は借りることができない、というもの。借りることができないっていうか、実際は年収の1/3を超えた限度額で契約できなくなります。

複数社と契約している場合は、契約しているすべての会社の限度額を足した額が対象になるので注意です。その際、クレジットカードのキャッシング枠なども対象となります。

どんな影響があるのか

すでに年収の1/3以上の限度枠を持っていた場合、新たにキャッシングの契約を結ぶことができなくなります。つまる、絶対に審査に落ちる。あと10万円で年収の1/3に到達する場合は、10万円の限度額で契約できる可能性はあります。

総量規制の対象外のものもある

総量規制に対象となるのは、すべてのキャッシングの限度額ではありません。銀行直営のキャッシングの場合は、実は総量規制の対象外となります。

現在、契約しているのが三菱東京UFJ銀行のバンクイックや楽天銀行スーパーローンなどの銀行系キャッシングであれば、その額は除いて計算されます。その逆も同様で、すでい年収の1/3の限度額を契約していたとしても、銀行系キャッシングであれば契約が可能です。

ただし、それだけ苦しい状況であれば、そもそも銀行系キャッシングのような審査の厳しいところは、審査自体通らないでしょうが。

また、補足しておくと、対象となるのはあくまでキャッシング借入枠で、クレジットカードの限度額などは対象外です。当然、リボ枠も同様に対象外です。

総量規制を突破する禁断の裏技

銀行系キャッシングを利用する以外にも、総量規制を突破する禁断の技があります。

総量規制の計算をする際、年収の額は主に昨年度の源泉徴収票を元にします。つまり、源泉徴収票を偽造してしまえば、実際の年収の1/3以上の額を得ることはできるのです。

しかし、バレたら犯罪行為となり、取り返しの付かない事態にもなり得ますので、決して手を出さないように…。