キャッシング編 返済の仕方は?

はじめてキャッシングをする人であれば、返済ってどうやってするものなのかわからない人もいるだろう。ここでは返済の仕方を解説する!
[by 蒼司]

一番ラクな口座引落

キャッシングの返済方法の中で、一番楽なのは、やっぱり口座自動引き落としです。なんてったって、何にもしてなくても勝手に返済されていくからです。

ただし、ひとつ気をつけなきゃいけないのは、口座の残高。

残高不足で引き落とされなかった場合は、その後の対応が銀行やキャッシング業者によって異なります。口座にお金を入金すれば、再度引き落とされるところもあったり、一度引き落としに失敗したら、返済がなかった旨のハガキが来て、その後、所定の口座に振込をしなければいけないところもあります。

その際に、延滞遅延金が発生したりするので、くれぐれも引き落とし時に残高が足りないことのないよう気をつけなければいけません。

自分でコントロールしやすいカード返済

もっともスタンダードな返済方法が、カード返済です。キャッシングの契約を結べたら、キャッシングのカードが送られてきて、そのカードで借入や返済ができます。できる場所はまちまちだけど、だいたいコンビニや銀行のATMでできます。

返済するときは、ATMで毎月決まった金額をカードで入れるだけです。

銀行引き落としと違ってわざわざ入金しに行かなければならないですが、自分の好きなタイミングで返済できるのがメリットですかね。

あと、複数社から借りていて、返済日にどうしても1社だけお金が足りないってときに、その1社以外は返済する、ということができます。銀行の自動引き落としだと、どこは払って、どこは払わないというような指定はできません。返済じゃないものと引き落とし日がかぶっている場合、たとえば携帯電話料金やクレジットカードの支払いはしておきたい、みたいな状況だと、どこを払ってどこを遅らせるかのコントロールが自分でできます。

とはいっても、あくまで自分で払いに行かなければいけないので、返済をうっかり忘れる、といったリスクはあるので、気をつけましょう。

もちろん振込でも返済できるよ

振込で返済するくらいなら、カードで返済したほうが楽です。口座番号とか入力する必要もないし。ただ、インターネットバンクを利用しているなら、携帯やパソコンから振込操作ができたりと、自動引き落としとカード返済の中間くらいの便利さが得られます。

家にいながらも、好きなタイミングで返済ができるので、振込操作が面倒でなければ、インターネットバンク利用の方はアリかもしれません。