キャッシング編 限度額は気にするな

キャッシングの指標にもなっている限度額。しかし、限度額は実はまったく気にする必要はない。その理由がいま明かされる!
[by 蒼司]

そもそも限度額って一体なんなのか

よくキャッシングの謳い文句に、金利○○%、限度額○○万円なんていうのがあります。キャッシング業者を比較するとき、やっぱり限度額が高いほうがいいなーって思うのが人情ってやつです。

んで、限度額ってのは、まあ、文字通りの意味で、どれくらいまで借りれるかっていう金額です。だいたい少ないところで200万円とか、多いところで700万円とかもあります。

キャッシングする理由は人それぞれいろんな理由があると思いますが、できるだけ多く借りたいと考えている人も少なくないでしょう。だったら、なるべくたくさん借りれるところの方がいいだろう、と思うのも自然です。

実はまったくない限度額の実用性

さてさて、多いほうが安心できる限度額ですが、実はその差はあまり関係ないのです。なぜなら、最初の契約時に表記の限度額いっぱいになることはまずないからです。

通常、その人の限度額は、収入や今までの返済履歴の優秀さなどで決まります。年収うん千万円とかよっぽど収入の多い人なら或いは限度額いっぱいまで設定されるかもしれませんが、お金を借りたい人はだいたいそんな金持ちはいません。

つまり、ほとんどの人がせいぜい数十万円の限度額でスタートします。もっとも少ない限度額の業者でも200万円はあるので、別にどこで借りようが最初の限度額はそんな変わらん、ということになります。

限度額300万円以上なんて、何年も遅延なく返し続けた実績があってはじめてなれるようなものなのです。

だから、いますぐ借りたいというようなせっぱつまった人ならば、限度額なんて微塵も気にする必要はないのです。