キャッシング編 いろんな会社があるけど、何が違う?

キャッシング会社はたくさんあるけど、いったい何が違うのか。どういう基準で選べばいいのか。多重債務者だからわかる違いを解説!
[by 蒼司]

キャッシング会社は大きく分けると3種類

キャッシング会社とひとえにいっても、様々な会社があります。んで、大別すると3つのカテゴリに分けることができます。

それは、「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つ。

これらは何が違うのかというと、会社の母体によって違うのです。

金利が安い銀行系キャッシング

銀行系のキャッシング会社は、その名の通り、銀行がやっているキャッシングサービス。特に大手銀行である、三菱東京UFJ銀行のバンクイック、三井住友銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなどが有名ですね。

銀行系の特徴は、まず銀行が運営しているという安心感があります。キャッシングのイメージに、怖い取り立てがありそうとか、そんなイメージがある方もいると思いますが、銀行が運営しているとなると怖いイメージはまったくなくなるでしょう。

とはいっても、いまは銀行系でなくても大手のキャッシング会社はどこも怖くありません。取り立てにしても法でしっかりと規制されているし、銀行系以外の業者でも、ちゃんとした会社が運営しています。

実際は、銀行系だからとりたてて安心ということはなく、別にどこでも大丈夫なのです。

では、銀行系の特徴とは何か。それは、金利が低いことです。他のキャッシング会社と比較しても格段に低いです。そのぶん、審査は厳し目ですが、審査が通るのであれば銀行系から借りるのが一番お得になるんです。金利が低いというのは、返済する金額が最も少なくて済むということですから。

借りやすさが特徴の消費者金融系

消費者金融系とは、消費者金融に特化した業務をおこなっている会社が運営しているキャッシングのことです。レイクやアコム、プロミス、モビットなど、キャッシングといえば浮かんでくる会社がこれに当たります。

とはいえ、ほとんどの会社が親会社が大手銀行だったりします。アコムやモビットはUFJグループだし、プロミスは三井住友グループ。レイクも新生銀行グループです。銀行が直接運営しているか、グループ会社が運営しているかの違いでしかないんですよね。

じゃあ、銀行系と消費者金融系は何が違うのかというと、もう単純に金利が違います。消費者金融系の方が他金利が高いです。その代わり、消費者金融系の方が審査が通りやすい傾向があります。つまり、銀行系の審査が通らない人が消費者金融系のキャッシングを利用することになります。

銀行系と消費者金融系の中間的な、信販系キャッシング

信販系は、いわゆるクレジットカードの会社が発行しているローン。まあ、クレジットカードにはだいたい小学のキャッシング枠がついてたりするもんだけれど、それとは別にキャッシング専用のカードも発行してたりするんです。

主なところだと、オリックスVIPローンやオリコのカードローンが有名ですね。

信販系のキャッシングは、金利や審査の難易度ともに、銀行系と消費者金融系の中間くらいのところが多いです。とはいえ、他のカテゴリと違って、会社によって結構違いがあるのも信販系の特徴。

オリックスVIPローンなんかは、銀行系に匹敵するほど金利が低いし、信販系は一緒くたに考えるよりも、個別に考えたほうがいいと思います。

結局見るべきポイントは?

まあ、なんのかんのとキャッシングを大別して解説してきましたが、要するに、金利と審査。これが最も重要です。しかし、会社ごとの違いはそれだけじゃありません。

キャッシングには必ず返済が伴います。毎回ちゃんと返済できればいいですが、どうしても返済が遅れたりすることもあるかもしれません。その際の催促や、どれくらい待ってくれるか、といった対応の違いもあります。そして、最悪のケースに陥った場合、つまり、どうしても返済が難しくなってしまったときに、どこまで融通を利かせてくれるか、というのも会社によってまるで違うのです。

まったく融通がきかずに催促してくる会社や、月々の返済額を少なくしてくれる会社などなど、もしものときに備えたキャッシング選びというのも重要です。

まあ、自己破産した俺だからこそ思うことなんですがね。